糖尿病の種類と食事療法

オレンジのサプリ

ヘモグロビンは血液中のブドウ糖が結びついたものなので、糖尿病であるかどうかを占めてくれる要素になります。実は糖尿病の種類には、2つあります。1つは膵臓に原因を持つもので1型糖尿病と分類されています。糖尿病患者にこのタイプのものはほとんどいません。全体の1割未満です。それに対して、もう一つの2型糖尿病は糖尿病患者の9割以上を占めています。一般的に糖尿病というのはこちらのタイプのものを指します。この原因としては、生活習慣が非常に深く関わっていることが多く、食生活が乱れているためにヘモグロビンa1cが増加してしまっていることがほとんどです。それでは、ヘモグロビンa1cはどのようにすれば減らすことができるのでしょうか。それは食生活を変えることです。

体内のヘモグロビンa1cを減らすには、漢方の成分が多く含まれているサプリメントを飲むことが大切です。それでは実際に効果のある漢方の成分は何かというと、それは次のようなものがあります。まずサポニンがあります。これは高麗人参に多く含まれている成分です。ヘモグロビンa1cを減らすだけでなくコレステロールの減少にも効果があります。次にステビアというものがあります。これは糖質を抑える効果があり、抗酸化作用も大きいです。他にも菊芋などがあり、こうした漢方の成分が入っているサプリメントを使用すると、効果的にヘモグロビンa1cを減らすことができます。もちろん、人によって効果の良し悪しがありますので、使ってみて自分に合っているものを選ぶことも重要です。